【ホットクックレシピ】失敗しないステーキの焼き方/低温調理 

  • URLをコピーしました!
しらたき

こんにちわ しらたきです(#^^#)
ホットクックが便利過ぎて、コンロの無いホットクック専用キッチンを作っちゃいました♪

お肉の中心まで加熱できたか心配、でも焼きすぎると固くなる、焼き加減がむずかしいステーキ肉を、ホットクックを使用し家庭でも失敗なく美味しく調理する方法をご紹介します。

ホットクックで低温調理し、食べる直前フライパンで焼き目をつけていただきます。低温調理済のため中心の加熱不足の心配がなく安心して食べることができます。時間はかかるが、手間が少なく、美味しく、失敗しにくい方法です。

あらかじめほんの少し計画的に低温調理しておけば、最小限の努力で平日のお食事が簡単に準備できるようになります。作り置きがしやすいため、おもてなし料理にも利用できます。

低温調理の際は衛生管理が大前提です。調理の温度帯が低く、有毒性のある微生物を高温で殺菌できないので、通常の調理以上に衛生面の配慮が必要です。

・新鮮な食材を使う
・手指、道具を清潔に
・食材に直接触れない
・食中毒原因菌が増殖しやすい温度帯5~55℃をいち早く抜ける
・冷却保存する場合は、流水で粗熱をとり、氷水でいっきに冷やすことが重要

目次

ステーキの低温調理

▼材 料
・ステーキ肉 400g
・塩 4g(肉の重量の1%)
・あらびきブラックペッパー 適量

ジッパー付き食品保存袋 

▼作り方
1.肉に塩とこしょうをまぶす
2.肉が重ならないようにジップ袋にいれ、水圧法にて空気を抜き袋を閉じる
3.ホットクックの内鍋に2と、水をMAXラインまでいれる
4.袋が浮かびあがらないように蒸しトレイをセットする
5.メニュー番号278「ローストビーフ」キー(57℃ 3時間15分)
6.フライパンで肉の表面に焼き目をつける

▼すぐに食べない場合
肉を袋にいれたまま流水で粗熱をとり、氷水に20分間つけ急冷後、冷蔵庫で保存

水圧法

水圧法とは?
ジップ袋の口を閉めずに、ジッパーの部分だけが水面から出るように水中に沈める。ジッパーから下の部分はすべて水の中にいれる。水の圧力によって大部分の空気は袋から出る。

低温調理

写真1枚目 低温調理前
写真2枚目 低温調理後(ホットクックで低温調理 57℃ 3時間15分)

できあがり

しらたき

添えの野菜もホットクックで調理しています

ホットクックとは

スイッチを押したらご飯が炊ける炊飯器のように、スイッチを押したら自動で料理ができあがる画期的な家電。時短調理だけにとどまらず発酵・低温調理、茹で、蒸し、炒め、めん類、パン・ケーキ等お菓子作りなど様々な調理ができる。

ホットクックレンタル

まずはレンタル!

ホットクックのサイズは3種類。それぞれに特長があります。

使用感、サイズ感を体験し気に入ってからの購入をおすすめします。

最新機種の新品が月々1400円~1980円(最低レンタル期間6カ月)2022年7月5日現在の情報です。

こちらの紹介リンクからアクセスすると、初回の注文から500円が割引きされます

あわせて読みたい
しらたき

我が家にお迎えしたホットクック4台中、2台がレンタルです。子どもの成長に合わせサイズを変えています。


料理レシピ集ランキング

参考書籍 

家庭の低温調理/著 Lisa Q Fetterman、Meesha Halm、Scott Peabody 訳 水原 文

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次