【登山&温泉旅館】朝熊ケ岳(三重県)/大石屋/鳥羽水族館/息子の彼女

温泉

こんにちは しらたきです(#^^#)

 今回は長男の彼女(通称つったま)を交えて家族で登山&温泉へ行って参りました。彼氏の母親という存在はだいたい嫌われるものですから、登山という苦行にお誘いするなんてもってのほか、こちらからお声かけすることはありえないことだと考えていましたが、つったまが「また登山へ行きたい」とのことで伊勢志摩国定公園内、日本百景に選定されている朝熊ケ岳コースを企画した。

 次男はお出掛けが大嫌いなゲーマー少年、登山なんて二度といかねぇというぐらい嫌いだったにもかかわらず、つったまが行くならと登山を快諾( *´艸`) 自宅警備員を外出どころか登山までいざなう女子の力の威力よ。

道中でくっきりとした虹に遭遇、なんだか幸先のよいスタート。

つったまから頂いたスイーツは「どれにしよっかなー」ってワクワクするクッキー。ハイキング中にいただく高級お菓子は最高ですよ。疲れた身体にHPがみなぎる感じ。

目標地点は恋人の聖地「天空のポスト」

山頂のレストランでランチ 名物「志摩うどん」 ふわふわとした麺が特徴

 低山とはいえ息をきらせながら無言で歩く私とは違い、子ども達は3人で楽しそうにずっと「しりとり」をしながら歩いていた。毎回「る」で終わるいやらしいしりとり( *´艸`)

 道中で尿意をもよおす人、足がつる人、座ったら立ち上がれなくなる人、自分で靴のヒモが結べない人、いいカメラが搭載された最新のスマホ自慢しつつ一度も写真を撮らない人、なにもかもがイベントを思い出深いものにしてくれるスパイス。

朝熊ケ岳データ

標高555m

歩行距離 約8km

累積標高差 上り648m/下り645m

アクセス 伊勢自動車道 伊勢ICから車で10分

場所 三重県

登山口は「であいの広場」トイレ、駐車場あり

道標多数あり道迷いの心配はほぼない、登山道の整備が行き届いている。山頂展望台は観光スポット。

大石屋の夕食 お献立「卯月」

大石屋の朝食

鳥羽水族館

 今回は天候にめぐまれず山頂は突風が吹きゆっくり観光どころではなく、翌日は雨天で予定していた「忍者キングダム」から「鳥羽水族館」へ変更となった。

 忍者キングダムでは忍者、くのいち、殿様、姫様、町人のコスプレをして館内の忍者屋敷で写真撮影ができる。私は忍者か町人で相当悩んでいたけど残念ながら実現しなかったので次回のお楽しみとなった。

さいごに

 旅行とはどこへ行くかではなく、誰と一緒にいくかのほうがはるかに重要なんだろな。一緒にいてハッピーな人と時間を共有したら苦行でも雨天でも楽しいもん。

 しらたき家の人々はとっても楽しかっただろうけど、はたしてつったまはどうだったのだろう。我々家族しか知り得ない話題を出さないように気を付けていたが、違う価値観を持つ他の家族である我々と長い時間を過ごし心身ともに相当疲れたことは間違いない。

 つったまが笑顔でいてくれることが、我が家の男子達のハッピーにつながることはよくわかっているので、これからも「つったまファースト」で思考を心がけ、それでも全然足りてないと心得え、彼氏のお母さんという立場を全うしていきたい。

「彼女ができたら活動費としておこづかいは2倍!!」と次男に伝えてありますが現在おこづかい額はまったく変化なし、いずれ次男の彼女も登山をともにする日がくるのでしょうか。

 しらたき家にまつわる人々がハッピーで過ごせるように、私は日々体力をつけ精神的余裕をもてるようにしていきたい。そしてなにより大事なことは余裕資金を作ることかもしれないね~( *´艸`)


山ガールランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました